恋ごころブログ 

♡おとこ心・おんな心♡ 

MENU

本当に好き?好きって何?

「好き」とは?本当に相手に恋してる?私が3年間片思いだった恋を止めた理由。

自分の気持ちに嘘をつかないで!自分の気持ちに素直になって、不安な恋とはおさらば。

f:id:koigokoroblog:20220124221919j:plain

好きな人を思うと、胸がキュンと締め付けられるような気持ちになります。

私には過去に約3年間片思いをしていた人がいます。

 

友達として仲良くするうちに好きになり

お互い友達以上の存在となったり、距離を置いたり。

いい感じになったり喧嘩したり。

わたし自身も、距離を置いてる間に他の人と付き合ったけど、

タイミングよくまた彼から連絡がきて、やっぱりあの人がいいなと思ってまた仲良くなったり。

3年間ずっと一人の人に想いを寄せていたましたが、ピタッと恋愛感情がなくなりました。

 

正確に言うと、彼に対して恋愛感情を抱いているわけではないことに気付きました。

「彼を想うと張り裂けそうなくらい胸が苦しいけど、これって本当に好きなのかな?

ただただ辛いだけの胸の苦しさなのではないかな?」と冷静になれたからです。

 

 

片思いをしていてキュッと締め付けれるような胸の鼓動を感じていたり…

付き合ってはいるけれども相手が好きなのにうまくいってなかったり…

浮気相手として始まったけれども燃えるような恋に発展していたり…

恋すれば胸が苦しくなるのは付きものですが、

その気持ちは、本当に相手に恋してる「好き」という感情なのでしょうか?

追いかける恋を続けている方にぜひお読みいただきたいです。

 

 

 

Ⅰ.「本当に好き?」自分の気持ちをチェック

ただの、執着心でないかチェック

f:id:koigokoroblog:20220126194116j:plain

一度“いい感じ”になると次の展開を期待してしまいます。

それなのに、なかなか次に進まなかったり、

関係性にも少しマンネリがあったり、

なかなか自分と会ってくれなかったり

彼が冷たかったり…

 

付き合えそうなのに付き合えない…

プロポーズしそうなのにしてくれない…

“手が届きそうで手が届かない…”

この状態は理想の状態への期待を膨らませ、「この恋つかみ取りたい」という感情を強くします。

それがだんだんと、彼が「好き」という感情よりも、「どうにかこの目標を達成させたい」という感情に変わっていきます。

 

一緒にいてもどこか物足りなさを感じたり、

不安でいっぱいなのに、

負の心の鼓動を、彼への恋愛感情と錯覚してしまいます。

彼を好きという恋愛感情ではなく、“えたい”という“執着心“になると、なかなかそこから抜け出せなくなります。

 

執着心はただの自尊心だったりします。

この恋を射止める自分が好きなだけです。

 

本当に彼が好きなのかどうか、ただの執着心でないか、立ち止まって自分の心に問いかけてみてください。

本当に恋愛感情かチェック

f:id:koigokoroblog:20220126193853j:plain

「彼が今誰といるのかな、何をしているのかな」

恋をすれば自然と出てくる感情かもしれませんが、不安な胸の鼓動と、好きの胸の鼓動とは違います。

 

会っていない時は彼への気持ちは高まるのに、

実際に会ったらドキドキしてなかったり、物足りなさを感じたり、楽しめてなかったり…

 

LINEは楽しいのに会ったときは楽しめなかったりしたら要注意です。

やり取りしていることが嬉しいのは、恋の発展という目標達成に向けて近づいていることが嬉しいだけということがあります。

 

会ったときに楽しいかどうか、

会ったときに心がドキドキしているか、

会ったときに不安がないか、

会わない時間よりも、会っている時の時間を大切にしてください。

会っている時に自分の気持ちに問いかけて、その時に感じる感情を大切にしてください。

 

彼と一緒にいるときの自分が好きかチェック

自分らしくいられるかって大切です。

等身大の自分でいられることと、ズボラで成長を怠けるのは違いますが、

自分のダメなところを見せても好きでいてくれるとは思えないと

常に背伸びしている状態は心を不安定にします。

 

ポイントは「彼と一緒にいる時の自分が好きかどうか」です。

 

ありのままの自分を彼に話すことができず、無理して背伸びすれば、どこか心の距離を感じます。

 

結婚をして、子供ができれば

子育てに必死で結婚相手によく思われたいなんてそんな気持ちの余裕なくなります。

普段の生活の自分をさらけ出しても、ふたりの愛を保つことができるのでしょうか?

心の距離があるままでは苦しみも共有できません。

心の溝が深まることでしょう。

 

成長は大切だけど背伸びして無理するのは違います。

彼と一緒にいることで自分が自分らしくいられるか、

彼と一緒にいるときの等身大の自分が好きかどうか、

とっても大切です。

 

Ⅱ.次の恋へと進むために

無理やり嫌いになろうとしない方がいい

f:id:koigokoroblog:20220126193912j:plain

彼から離れようとして、

無理に連絡とらないようにしよう、

無理に会わないようにしようとするのは逆効果です。

もっと辛くなり、「結ばれること=幸せだ」と思いこんで、逆に執着するようになります。

 

彼を忘れようとして無理に次の恋愛に走るのも、やっぱり彼の方がいいと思うだけのこともあります。

数回会った男性よりも、少なくとも何度か楽しい時間を過ごしたことのある彼の方がいいと思うのは当たり前です。

一度でも好きという感情を持った彼にはアルのに、数回会っただけのその男性のナイものに目についてしまうのは当たり前です。

他の男性と会っても、彼とを比較してしまう状態のときは、無理やり次の恋をしようとしなくてもいいと思います。

 

無理やり次の恋をしようとすると

ただただその男性と彼とを比べて「彼の方がよかった」と彼への感情を高めます。

 

もちろん、彼よりも素敵な男性、彼よりも自分が自分らしくいられる男性と出会えれば一番いいですが、

無理やり次の恋をしようとすると逆効果です。

 

時間が解決する?

「時間が解決する」か否か。

 

時が経てば彼への感情も落ち着いたり、

時が経つなかで他の仕事やプライベートで充実感が得られたり、

時が経てば新たな出会いも自然と生まれたり…

 

時が経てば自然と起きるデキゴトを楽しむこと大切だと思います。

先述した通り、無理やり気持ちを抑えることは逆効果です。

無理やり気持ちを抑えれば、その反動でより彼への気持ちを高める可能性があります。

 

時が経てば彼以外の世界に目を向けられるようになっていくはずでしょう。

 

“好き錯覚”から脱出し、不安な恋からおさらばしましょう(*^o^*)