恋ごころブログ 

♡おとこ心・おんな心♡ 

MENU

彼氏と喧嘩してもやってはいけないこと3選

喧嘩しても長続きするカップルと喧嘩が絶えないカップルの違い

f:id:koigokoroblog:20220214015403j:plain

付き合っているとすれ違いや意見の食い違いなどによるケンカはありますよね。

時には感情的になり、お互いヒートアップして言い争いに発展してしまうこともあるのではないでしょうか。

 

好きな相手であればケンカ別れは避けたいものです。

どんなに激しいケンカをしてもまたラブラブに戻るように、

仲直りした後も引きずらず完全に関係修復できるように、

言い争いのケンカをしてもしてはいけないことを紹介します。

 

1.人格否定、彼を侮辱、見下す発言

f:id:koigokoroblog:20220214015531j:plain

ケンカをして勢い余って心ないことを言ってしまうのは絶対にNGです。

 

その時は感情的になって“思わず”言ってしまったことでも、言葉として言った事実は残ります。

「あの時は感情的になって言ってしまっただけ」という言い訳も、人格否定した内容のことを1ミリも思ってなかったら言葉に出てこないはずです。

仲直りをしても、彼としては「普段からそう思ってたんだ」と思ってしまい、確実に溝ができます。

 

特に、ケンカした時に仕事の話を持ち出して、仕事と結びつけて彼氏を侮辱するのは論外です。

「だから仕事でも〇〇なんだよ」と言わんばかりに、今は目の前のことでケンカしてるはずなのに、仕事のことと結び付けて彼を否定することはNGです。

彼から仕事の相談をされた時に、聞いてる時は優しく励ましていたはずなのに、優しく聞いてくれてた時もそんなこと思ってたんだとショックを受けますし、男性としてのプライドが傷つきます。

仕事と絡めてディスるのは特にNGです。

 

2.何言っても否定、「あー言えばこう言う」状態で話を聞き入れない

f:id:koigokoroblog:20220214015426j:plain

ケンカの時はお互いの意見をぶつけてしまいます。

それぞれが自分の意見を持っていて譲らないことが多いですが、ケンカがヒートアップすると、問題解決のための言い争いではなく、ただ感情のぶつけ合いになることもしばしばです。

 

そんな状況で彼氏が意見を譲ってきてくれたり、建設的な話し合いをしたり、時には謝ってきても、

女性の方が感情的になって何言っても聞かん坊状態では、問題解決には至りません。

 

例えば大切な記念日やデートの約束を彼氏が忘れていて喧嘩になった時に、

最終的には彼氏が予定を空けてくれたとしても

「いつもそうだ」とか言って過去のことを持ち出したり、

「そんな無理やり空けてくれなくてもいい」とか天邪鬼(あまのじゃく)状態になったり、

彼としては「じゃあどうすればいいんだよ」となってしまいます。

 

あー言えばこう言う人状態では、彼も疲れてしまいます。

どんなに感情的になっても、問題解決しようという気持ちを保ち、非建設的な喧嘩とならないように気を付けましょう。

 

3.別れようと簡単に言ってしまう

f:id:koigokoroblog:20220214020127j:plain

勢いあまって、「じゃあ別れる」というのは絶対にNGです。

別れると言って試したつもりが、本当に別れ話になってしまったというケースもあります。

 

過去に一度、「別れよう」と言ったら彼氏が「イヤ」と言って、

逆に愛情表現をしてくれて愛が深まったという成功体験をしても、2度3度とやるのは避けましょう。

 

喧嘩が続くと彼氏も疲れてしまい、「別れ」が頭をよぎります。

そんな状態の時にケンカして「別れよう」と言われたら、本気で別れを考えることだってあります。

 

また、彼女の「別れよう」に対して彼氏も感情的になって譲れなくなってしまい、

お互い本当は好きなはずなのに仲直りのタイミングを逃して、そのまま本当にお別れとなってしまうことだってあります。

 

どんなに大ゲンカとなり感情的になっても、本当に別れたい時以外は「別れよう」と簡単に言ってはいけません。

言って良いことが1つもないワードと言えるでしょう。

 

最後に

大前提としてケンカしないように日頃からコミュニケーションをとり、お互いを尊重することが大切です。

 

ケンカしないに越したことはないですが、付き合っているうえでケンカすることだってあると思います。

 

でもケンカはケンカ、で話し合いは話し合いです。

どうしても感情的になると余計な一言を言ってしまい、関係修復が難しくなってしまうこともあります。

 

崩れるのは一瞬です。

その時はケンカしても、仲直りをしてまたラブラブに戻れるように、

どんなに言い争いのケンカに発展しても絶対に言ってはいけないことは言わないように気を付けましょう!!