恋ごころブログ 

♡おとこ心・おんな心♡ 

MENU

街コンのメリット・デメリット

コロナで合コンが減ったけど、「街コン」であれば出会いあり!

f:id:koigokoroblog:20220226234601j:plain

コロナで飲食店の休業が続き、合コンや出会いの場は減っているのではないでしょうか。

とはいっても長い自粛生活が続き、少しずつ外出機会が増えている今だからこそ、「街コン」がおすすめです。

コロナ禍でも出会いがある「街コン」のメリット・デメリットについてまとめました。

 

 

街コンのメリット

それでは街コンのメリットからみていきます。

一人で参加できる

合コンは友達からの誘いがなければ出会いの場にすら行くことがないですし、自分からセッティングするにしても人数を合わせなければなりません。

奥手な人や周りの友人がそこまで合コンをやるような友人でないと、なかなか合コンに参加する機会も少なかったりします。

 

また、仲のいい友達に結婚している人が多かったりと、年齢とともに合コンの数も減っていくことが多いです。

(実は既婚者が参加しているということもゼロではないですが…)

 

合コンに参加しても友人がモテる人だと注目はいつも友人で、気になる人がいても友人に取られてしまうという悲しい現実もあります。

 

でも、「街コン」であれば一人で参加ができます。

友達に合コン設定してとお願いしたり、自分でセッティングする必要もありません。

 

なかなか合コンに誘われない、いつも友達にとられる人でも、

「街コン」は一人参加できるので、自分の意思次第で出会いの場、出会いのチャンスを増やすことができます。

 

恋活・婚活していることが友人・同僚・知り合いにバレない(アプリだとバレる可能性もあり)

婚活パーティーも当たり前になりつつありますが、

それでも恋活・婚活していることを友人・同僚には知られたくない…という方も多いのではないでしょうか。

 

マッチングアプリ」だと職場で「〇〇さんもアプリにいたよ」なんて噂されることもあります。

マッチングアプリは知り合いがいたら嫌だからという理由で、やらない人もいますよね。

 

街コンの方が、限定された人数で特定の日時に同時に参加するので、知り合いを見つけてしまう、知り合いに知られてしまう確率は減りますよね。

それでも偶然、同じ街コンに知り合いや職場の人と参加してしまい鉢合わせをしたら、すごい確率での鉢合わせなので、逆に運命的なものを感じてしまいます。

 

つまり、マッチングアプリより知り合いと偶然めぐり合う率が低いので安心して恋活・婚活ができます。

 

そして、一人で参加すれば友達と同じ人を好きになって取り合いというものがありません。

もしその恋に失敗しても誰にも知られません。

街コンで出会った人には思いっきり好きな人にアプローチができますね!

 

一度に複数の人と出会える

合コンよりも確実に多くの人と出会えます。

そして、たとえ大人数の合コンでも席が近い人としか話すことができなかったりしますが、

「街コン」は、参加者全員と一度は話す仕組みになっているので、確実に多くの人と出会えるのです。

 

 

最初に全員と数分話し、一周します。その後は気にある人ともう一度話せるということが多いです。

具体的には、

✓フリー時間があり、男性が気になる女性の席に行くスタイル

✓気になる人の番号書いて、運営スタッフが集計

「成立」したらそのまま会場に残ってもう少しお話しするスタイル

(逆に成立した人から順次会場を抜ける)

✓1周目で運営スタッフが連絡先交換したい人はしてくださいとアナウンスしてくれるので、

その場で連絡先を交換して気になる人とはその後個別に会うスタイル

 

街コンは一度に多くの人と出会うことができるので出会いのチャンスが増えると言えるでしょう。

 

合コンのわちゃわちゃした雰囲気が苦手な人でも参加しやすい

合コンはアルコールが入ることが多いので、メンバーによっては結構“わちゃわちゃ”することもありますよね。

軽いノリが苦手な人もいるのではないでしょうか。

 

それから、街コンは主催者の進行があるので、一人の参加者が目立って仕切るみたいなことは絶対ないです。

 

街コンは「プロフィールカード」のようなものを書いてもらって、お互いの自己紹介から始まり、全体的に落ち着いた雰囲気で進むことが多いです。

合コンのノリが苦手な人でも参加しやすいのが街コンです。

 

アプリと違って身元がしっかりしている(既婚者や体目当てがいない率が高い)

もちろん既婚者で実は参加してましたということもあるかもしれませんが、

アプリや合コンよりも参加している人は本当に出会いを求めてます。

 

「いいな」と思った人が実は既婚者だった、体目的だったと後から知るのはとても悲しく辛いですよね。

 

既婚者で合コンに参加してちょっと異性と遊びたかったとか、

体目的でアプリをやっているということがないので、

真剣な出会いを求めている人同士で出会うことができます。

 

 

街コンのデメリット

メリットの多い「街コン」ですが、デメリットもあります。

街コン当日、男女の人数があわないとひとりポツン時間が…

f:id:koigokoroblog:20220226234705j:plain

街コンは事前に参加人数の枠があります。

でも、予約率や当日の参加率によって男女同数にならないこともあります。

 

街コンは、最初にひとり〇分ずつとどんどんどんどん順に話していきますが

もしも男女の人数がぴったりでなく誰かが余っている状態場合、

人数的に余ったその人はその時間はとにかく待ち状態になります…。

 

待ち状態の時は何もすることないので携帯をいじったり、無駄にプロフィールカードを眺めたり…

数分とはいえども結構恥ずかしく、苦痛な時間になります。

 

男女1人の人数のずれで待ち時間も1回の数分だけならまだしも、男女の参加人数に2人、3人とずれがあれば、それだけ待ち時間も長くなります。

(“さくら”によって人数をあわせるところもあるかもしれませんが…)

 

待ち時間が多すぎると「今日の街コンは失敗だった」と思ってしまうこともあります…。

とことんハズレの可能性もあり

街コンでの出会いは、ハズレのときはとことんハズレということもあります。

 

途中退出というのは原則できないので、街コンが終わるまでずっと興味のない人と話し続けなければなりません。

 

どんなに年齢制限や趣味嗜好を合わせたセッティングの街コンでも、

どんな人が参加するかは当日にならないとわからないので、全員ハズレと思ってしまう可能性もゼロではないです。

 

お互い一人参加だと共通の友だちがいないので、急に音信不通もありえる

街コンでいい感じになって、連絡先を交換し、ふたりで会うことになり…。

上手くいって付き合うことになった場合でも

突然連絡が来なくなった時に、共通の知り合いがいないと、連絡の取りようがないという性質があります。

 

なので、例えばLINEが返ってこないとか、今何しているのかわからないとか不安にあっても、相手からの連絡を待つしかないという状態になります。

 

共通の友だちがいる方が、恋愛の相談をしたり協力してもらうこともあるかもしれません。

でも街コンは完全にその男女1対1の付き合いとなります。

LINEでつながることが多い今、LINEでのつながりがなくなったら連絡を取る手段が完全になくなるということもあります。

別に縁を切るために連絡をしないのではなく、本当に携帯を無くしたとか、本当は連絡を取りたくても何かしらの理由で連絡取れなくなってしまった場合でも、LINEでしか連絡とる手段がないのは不安定ですよね…。

 

家に遊びに行くとか、SNSでもつながるとか

LINEでしかつながってないという状態は早めに解消しておきたいものです…。

 

 

それでも「街コン」がおすすめの理由

メリット・デメリット両方ある街コンですが、それでも街コンはおすすめです。

友達と2名以上で参加の街コンもある

いままで「街コンはひとりでも参加できる」という話をしてきましたが、

そもそも「友達と参加」タイプの街コンは多いです。

 

参加した男女2名、2名で仲良くなっておけば共通の友だちも作れるので安心ですよね。

 

街コンも進化している!

街コンといっても様々なスタイルの街コンがあります。

 

参加条件に年齢の範囲を定めているのは多いですが、

他にも同じ趣味の人同士が集まる「趣味コン」というものもあります。

趣味コンであれば、恋愛の出会いとしてはハズレでも純粋にその時間は楽しめることが多いです。

f:id:koigokoroblog:20220226234629j:plain

 

コロナだから参加率が落ちているかも…??とも言われていますが、

出歩くことも増えつつある今だからこそ街コンがおすすめです(#^.^#)